キャットフードには「ドライ」と「ウエット」があります

キャットフードには大きく分けて2種類あります。

水分をあまり含まないドライタイプと、水分を多く含むウエットタイプです。この2つの違いと使い分け方について説明していきます。

ドライタイプの特徴

まずドライタイプですが、水分含有量10%以下の、いわゆる「カリカリ」といわれるものがそうです。水分が少ないため開封後も比較的長持ちしてくれること、栄養価を考えた配合が行われているためバランスが良いこと、歯につかないため歯周病や口臭の予防になること、まとめ買いできるためウエットタイプと比べてリーズナブルなことなどがメリットになります。

逆にデメリットはウエットタイプと比較すると必ずしも食いつきが良くないこと、水分が少ないので尿路結石の原因となる可能性が指摘されていることなどです。

ウェットタイプの特徴

これに対してウエットタイプは、水分含有量が70%前後のものです。いわゆる「猫缶」がこれに当たります。

メリットは肉や魚が原形をとどめているため猫の食いつきがいいこと、グラム単位のカロリーが少なく肥満猫のダイエットに向いていることなどです。

逆にデメリットとしては開封後は早く食べないと品質が悪化すること、コストがドライフードに比べて高めなこと、栄養バランスという面ではドライフードに劣ることなどが挙げられます。

使い分けの方法

この2つをどう使い分けるかということなのですが、栄養バランスを考えればメインはドライタイプにするのが賢明ではないでしょうか。もし、ウエットタイプをメインにしてしまうと、ドライタイプをあまり食べなくなってしまい、結果として猫の栄養バランスが悪くなってしまう可能性があります。ウエットタイプは食欲不振のときのおやつや「ご褒美」として与えるのが理に適っているようです。

You Might Also Like