私は銀のスプーンを選びました

うちの猫は、潰れて低い鼻とジトッとした目でいつもなんだか不機嫌そうな顔ですが、それに反して生まれた時からすっごく人懐っこく甘えん坊で、隙あらばスキンシップを取ってきて甘い声でなくギャップがとっても可愛い猫です。
Continue reading “私は銀のスプーンを選びました”

ネコちゃんにとって危険な食べ物はこれだ!

かわいい家族の一員であるネコちゃん。そんなネコちゃんに食べさせてはいけない食べ物がいくつかあります。かわいい家族を守る為にも、知っておくと安心です。

まず、有名なものと言えばイカです。しかし、ここにはちょっとした誤解もあるのです。イカがネコにとって有害な理由は、イカに含まれる「チアミナーゼ」と呼ばれる成分によりビタミンB1が異常に不足してしまうからなのですが、「チアミナーゼ」という成分は加熱すると壊れてしまいます。

なので、基本的には生のイカはダメという事になります。必ず内臓や頭を取り除き、鉄板焼きやボイルするなどして十分な加熱処理を行えば、逆に猫にとっては栄養豊富食べ物になります。

また、タコに関しても、イカと同じように処理を行えば、食べさせて大丈夫な食材になります。この他にネコちゃんに与える方は少ないと思いますが、アワビなどの貝類は避けてください。アワビのごはんである海藻が分解されてできる物質が、ネコちゃんたちにとっては皮膚病を引き起こす原因になってしまうからです。

あと、人間にとっては身近な香辛料ですが、ネコちゃんにとってはただの刺激物で、消化器(胃・肝臓など)を傷つけてしまいます。最悪、内臓障害を引き起こすことがありますので、絶対に与えないでください。また、同じくアルコール飲料も絶対に与えないでください。ネコちゃんの肝臓には、人間のようにアルコールを分解できないので、微量であっても内臓障害を引き起こすことがあります。

次に、昔からネコは牛乳が好きで、人間用の牛乳を飲ませているご家庭もあると思いますが、実はこれもネコちゃんにとっては、下痢を引き起こす原因になります。下痢が続くと水分がなくなると同時に体力も多く奪われますので、ネコちゃんに牛乳を与えたい方は、ホームセンターなどに売ってある、ペット用牛乳を与えるようにしてください。ペット用であれば、ネコ用・犬用どちらでも大丈夫です。ちなみにペット用牛乳は、ペットたちが消化できない「乳糖」という成分が取り除いてあります。

他にも玉ねぎなどのネギ類は、与えてはいけない食材です。ネギ類には「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれているのですが、この成分はネコちゃんにとっては命取りの成分で、なんと赤血球を破壊してしまうのです。その結果、重篤な貧血を引き起こして死亡してしまします。加熱されてもこの成分はなくならないので、例えば玉ねぎの入ったスープなども与えないでください。また、玉ねぎはユリ科の植物なので、ユリの球根も食べないとは思いますが、管理に気を付けてください。同じく、生死にかかわる食材にカカオがあります。こちらは、てんかんをはじめとした異常な神経障害を引き起こしますので、チョコレートやココアなどカカオが含まれる食材は絶対に与えないでください。

このようにネコちゃんたちは、人間が普通に食べている食材でも病気や生死にかかわることがあるので、ネコちゃん用に加工された食べ物を与えてください。そして、ネコちゃんと楽しい生活を送ってくださいね。

キャットフードと手作りごはんはどのように使い分けるのが良いか

市販のキャットフードの最大のメリットはやはり日持ちがすることではないかと思います。

保管も与えるときも手間がかからず人間にとっては大助かりです。

でも、猫にとってはどうでしょうか。

水分不足になりがちなこと、味に飽きる可能性もあります。

中には元々水分をあまり摂らない猫もいますので結石の心配も出てきたりします。

その点、手作り食は添加物や保存料を使わずに済みますし、水分不足になる心配もなく自分の目で吟味したものを与えることが出来、材料を把握できます。

ですが栄養が偏る可能性もあり、完全手作り食となると毎日とにかく大変です。

バランスの良いごはんを手作りするには沢山の食材が必要なので経済的にもお財布に優しくないのが正直なところです。

ちょっと多めに作ってストックしても、保存料が入っているわけではないので冷凍しても2、3日で使い切る必要があり、大量には作れないのでとても忙しいのです。

とくに働いてらっしゃる方にはそんな時間なかなか取れないですよね。

キャットフードと手作り食をうまく使い分けるようにしてみると無理なく手作り食を与えることができ、猫も飽きずに食べてくれます。

完全手作りを目指さなくても、併用していけばいいと思うのです。

使い分けるポイントとしては、人間と同じで猫も手作り食のほうが好きなのでキャットフードと手作り食をバランス良く併用してあげることが大切です。

毛艶などを見て、バランスが偏ってきたかなと感じたらキャットフードと手作り食を半々であげて猫の健康状態の管理をしてください。

災害時に役立つのは断然キャットフードなので完全手作り食で頑張っていらっしゃる方も避難食としてひとつは常備したほうがよろしいと思います。

野良猫対策のための2つの方法

野良猫は日本全国どこにでもいますが、それゆえに野良猫による様々なお悩みをお持ちの方も、日本全国にいらっしゃいます。ご自宅の前で糞尿をされたり、あるいはゴミを荒らされたりなど、ご経験がある方も多くいらっしゃると思います。

ではそのような野良猫に対して、具体的にどのような対策方法があるのか、みなさまはご存知でしょうか?以下に2つの方法をご紹介致します。

猫が嫌な臭いを付けておく

まず1つめにご紹介致します方法は、猫が嫌う匂いをまくことです。これは野良猫の忌避剤として、ドラッグストアやホームセンター、インターネットショップなどで販売されています。スプレー型のものなどがあり、ご使用方法はいたって簡単です。

ただし商品にもよりますが、一度まけばそれで当分来なくなるというわけではなく、こまめにまく必要性があります。それから猫には匂いに慣れてくるという習性もあるため、もしご使用になられる場合は、いくつかの商品を使い分けられるのも良いと考えます。

超音波発生装置を使う

次に2つめの方法としてご紹介致しますのは、超音波発生装置です。これは猫が嫌がる超音波を発生する装置で、野良猫を寄せ付けないというものです。

人間には問題がないのかと疑問に感じられる方もいらっしゃると思いますが、人間にはほとんど聞こえない音域で発生するものもあり、そういった点にしっかりと配慮した商品もあります。

以上2つの方法をご紹介致しました。その他にもゴミを外に出したままにしないなど、私たち人間側がちょっと気を付けるだけで、野良猫が集まらないようにすることも可能です。少し面倒な作業にもなってしまうかもしれませんが、野良猫にお悩みの方は根気強く続けて、ご自宅前などに近寄って来ないようにしましょう。

キャットフードには「ドライ」と「ウエット」があります

キャットフードには大きく分けて2種類あります。

水分をあまり含まないドライタイプと、水分を多く含むウエットタイプです。この2つの違いと使い分け方について説明していきます。

ドライタイプの特徴

まずドライタイプですが、水分含有量10%以下の、いわゆる「カリカリ」といわれるものがそうです。水分が少ないため開封後も比較的長持ちしてくれること、栄養価を考えた配合が行われているためバランスが良いこと、歯につかないため歯周病や口臭の予防になること、まとめ買いできるためウエットタイプと比べてリーズナブルなことなどがメリットになります。

逆にデメリットはウエットタイプと比較すると必ずしも食いつきが良くないこと、水分が少ないので尿路結石の原因となる可能性が指摘されていることなどです。

ウェットタイプの特徴

これに対してウエットタイプは、水分含有量が70%前後のものです。いわゆる「猫缶」がこれに当たります。

メリットは肉や魚が原形をとどめているため猫の食いつきがいいこと、グラム単位のカロリーが少なく肥満猫のダイエットに向いていることなどです。

逆にデメリットとしては開封後は早く食べないと品質が悪化すること、コストがドライフードに比べて高めなこと、栄養バランスという面ではドライフードに劣ることなどが挙げられます。

使い分けの方法

この2つをどう使い分けるかということなのですが、栄養バランスを考えればメインはドライタイプにするのが賢明ではないでしょうか。もし、ウエットタイプをメインにしてしまうと、ドライタイプをあまり食べなくなってしまい、結果として猫の栄養バランスが悪くなってしまう可能性があります。ウエットタイプは食欲不振のときのおやつや「ご褒美」として与えるのが理に適っているようです。

尿路結石対策でCAT SMACKを選びました。

多頭飼い(白2匹、黒1匹、きじ1匹、雑種一匹)なのであまり高価な物は与えられません。1kgあたり200~300円の範囲で色々試していますが、今はCAT SMACKまぐろ味を与えています。

猫によって好き嫌いがあるので、全員が食べてくれるフードを選んでいます。まぐろ味のものなら大体OKなのでこれにしています。マタタビのおまけが付いているのも嬉しいです。何度もリピートしていますが今もよく食べてくれますし、とても元気です。

ホームセンターではもっと安いフードもあるのですが袋に書かれている説明の中で尿路結石に触れていないことが不安なので選択外です。

CAT SMACKは尿路結石対策が謳われているのが購入理由の一つです。この価格帯では気休めかもしれませんが排尿排便ともに異常ありません。いつもこれに固定しているわけではないので違う商品を与えることもありますが、ローテーションの中の一つとしてこれからも使い続けると思います。

これだと1ヶ月1,300円くらいで済むので経済的には何とかなるレベルです。

CAT SMACKに変えて健康的になった!

しょっちゅう催促されるくらい全員よく食べてくれます。2ヶ月以上毎日同じ味でも飽きないようで大変気に入っているのではないでしょうか。排便も問題なくたくさんしますし、臭いも特にきついということは
ありません。

目の輝きや毛の艶もよく元気に走り回るほど健康です。ただ、水は一日何度も替えてきれいなものを与えています。

私にとって猫とは

いてくれるだけでありがたい存在です。走ったりジャンプしたり元気にじゃれあっている様子は見ていて楽しいですし、毛づくろいや窓の外を見る後姿は見るだけで癒されます。

一番下の子は5歳になっても子猫さが残っている、誰が見てもかわいいといってくれる女の子です。ちょっと気がきつくてお転婆ですがそれも彼女の魅力だと思います。

安いキャットフードからピュリナワンに変更

つい最近までは、とにかく安いキャットフードを選んで、よく特売品になるものやホームセンターのプライベートブランドなどをあげていました。

しかしインターネットでペットフードの安全性についての記事を見て添加物のことなどが気になり、今からでもせめて自分のできる範囲で安心・安全なキャットフードをあげたいと思い、ピュリナワンに決めました。

安心なキャットフードの代表とも言えるようなカナガンなどはとても手の届く値段ではなく、調べていくうちに値段が中堅レベルの中で安心できるキャットフードとして紹介されていたのがピュリナワンです。

アメリカのキャットフードの安全基準を満たしていて、尿路疾患などにも配慮されているところが決め手になりました。(ちなみに1ヶ月1,500円くらいで済みます。)

ピュリナワンに変えて食い付きが段違いに!

以前の安いキャットフードも気に入って食べてくれてはいたのですが、ピュリナワンは食いつきが違いました。

気まぐれな猫なので、餌を欲しがって鳴いたので餌をあげたのに、食べずにぷいっと出ていってしまうような猫でしたが、ピュリナワンの場合は餌をあげたら必ず食べます。

また、残して置いてあった餌もあまり食べなかったのに、しっかり食べています。健康状態はまだ分かりませんが、毛のツヤが良くなることを期待しています。

最後の愛猫の可愛い所を紹介

気まぐれでクールな時はクールなんですが、時折おかしいぐらいに甘えてくるところがとても可愛いです。

とてもおてんばな猫で、高いところとかが大好きでいつも暴れまわっていますが、降り方が分からずに困ってよく鳴いています。

運動神経がいいんだか悪いんだかわからず、色々な高いところに挑戦してはその辺のものを落としまくり家中をちらかしていて、手はかかりますが、他にもとても面白いところもたくさんあり、見ていて飽きない元気で愛らしい猫です。